LINK
任意整理とは一般的には負債の整理というふうにも言われ、それぞれお金の貸し手に対し返済を継続することを前もって決めた借金を整理していく選択肢となります。具体的な手続きですが債務処理経験のある司法書士または弁護士の有資格者債権を有する者とあなたの中に入って話し合い、利息に関する法律によって利息の再計算をもとに再度計算した借入金の元金についての利子を削った方法で3年ほどの期日をめどに返済を行っていく債務整理の手順です。この任意整理には各裁判所などといった公的機関が手出ししないためそれ以外の選択と比較した場合、選択した際のリスクがほとんどなく手順が借金をしている人にとって一番ストレスになりませんので、真っ先に比較検討するようお勧めするルートということになります。くわえて、債権を有する者がサラ金業者のような高い年利だった場合は、法で決められている金利を超過して振り込んだ利息分にあたっては借りたお金の元金に充てられるとみなされ借りたお金の元金それ自体を少なくしてしまうことも不可能ではありません。だから、サラ金に類する高い借入金利を取るところに対し何年も返済を続けている例では期待以上の利息分を減額できるような場合もありますし、10年くらい返済を続けている場合には借金自体がクリアーになることもないとは言えません。任意の整理のメリットについては、破産と違いある部分だけのお金だけをまとめていくことが可能ですので、保証人がいる借金を別として処理する時やクルマのローン以外について手続きをしていく場合等においてでも申請することもできますし築き上げてきた財産を処分する必要がないため、土地などの自分名義の資産を持っていて、手放してしまいたくない場合にも活用可能な借金整理の方法になるでしょう。いっぽう、手続きを取った後の返済に必要となる額と実現可能な収入額をかんがみて、常識的に見て返済が見通せる場合においては任意による整理の手続きを進めることは可能ですが、破産申告とは違い返済義務がクリアーになるわけではありませんので合計がだいぶある状況の場合、実際に任意整理で手続きを進めることは難しいといえるでしょう。