LINK
コンピュータのディスプレイの前でつねに上がったり下がったりしているレートを見ていると直ちに注文をするという思いが生じる状況も多いと思います。だけど、不確かな思いで注文することは間違ってもしてはいけません事実、外国為替市場は1日中どういう時でもいずれかの国で外国為替相場はやっているし市場も常に動いています。そうであっても、頻繁にトレードを積み重ねるとその回数分だけ損失が生じる率が高まってしまう。無論、取引の回数を積み重ねる事でトータルで勝利する可能性が五分五分になります。しかしその事実は「漠然とした感覚でエントリー」することとは別の問題です。注文回数を増やす事の意味はあなたが「ここはいける」と思いついたチャンスを得たケースでの注文回数を積むという事を意味します。何となく、連続してエントリーを繰り返すのとは大きく違う。マーケットの戦いに負けないためにはあなたが主体的に緩急をつけることこそが大事です。「ここがチャンス」と感じた市場の時にはいっそのこと所有ポジションを買い増して、積極的に利益を追求します。「少し難解な市場でどう推移するのか理解できないな」と感じたならば、いっそのことポジションをひとつ残らず諦めて黙っています。そのくらいの緩急をつけた方が、最終的には取引は成功します。相場の格言には「休むも相場」というものがあります。本当にその通り。外国為替相場とは休みなく売買ポジションを所有する事が全部ではなくどれも所持せず待っている事もまたFXです。では、どういった時に、休めばよいのだろうか。ひとつは、前に述べたように、これからの外国為替市場が理解できない時です。今からどちらにいくのか決める事が出来ない時は、ヘタに動くと、自身で思った筋書きとは反対の方向に外国為替市場が変動してしまい損失を被ることになる。だから、こんな場面ではポジションを減らして、何もしないで静観しているのが唯一出来る事です。もうひとつの場面は、己の体の調子が悪いときです。体の具合と為替相場に関係がない思う投資家もいますがかなり影響を与えます。体の状態がよくなければ、外国為替市場の決断しなければいけない場面で落ち着いた判断ができない。興味がわかない時は市場から遠ざかる事も大事な事です。